レオパレス 退去 学生

レオパレス21 学生さんのお部屋の退去

学生さんが借りていたお部屋を退去する場合、たいていは初めての経験になるのではないでしょうか。
レオパレス21でお部屋を借りる人のほとんどが、敷金・礼金を支払うことなく入居されたと思います。
これはレオパレス21の特徴的なところで、先にお金を預かることなく、使用後のお部屋の状態で必要経費を利用者に払っていただく形態となっています。

 

 

賃貸物件を利用される場合、お部屋を借りる人に『原状回復の義務』が課せられます。
借りたお部屋を汚損してしまったら、それが故意でなくとも、貸した側へ修繕費を支払わなくてはなりません。
不動産といえどもモノですので、長年使用していると自然に古びてきますので、何かを壊したとか汚したということでなければ、経年劣化という概念で汚損とならない場合が珍しくありません。

 

 

それでは、賃貸期間に汚損がなかった場合、費用は0円で済むのでしょうか。
汚損による修繕に至らなくても、人が生活をした部屋ですので、次の人に貸す前にはしっかりとした清掃が必要になります。
ほとんど全ての賃貸物件が、退去後にプロの清掃業者によってクリーニングをされ、付属のカーペットの張替え等が行われることもあります。

 

 

契約時にこの費用が必要になることは説明がされているはずですので、金額と合わせて契約書を確認しておくと良いでしょう。
明け渡しにおいて業者がお部屋の状態を確認します。汚損の心配があるようなら、立会いをするのも一つの方法です。
楽しい学生生活の思い出がつまったお部屋、気持ちよく明け渡したいものですね。