レオパレス 退去 タバコ

敷金が無いレオパレスを退去する際のタバコ汚れ

独自の賃貸物件を展開するレオパレスでは、入居時時の敷金が掛かりません。
レオパレスの物件は、単身者向けのものが中心で、昼間は不在というケースが殆どでしょう。

 

 

壁が薄く、生活音が気になるというコメントが多いレオパレスですが、入居時の初期費用が少なくて済むのは魅力です。

 

 

ただし、敷金を取られないという事は、退去時の原状復帰に掛かる費用を取られないという事ではありません。
退去時に予期せぬ金額を請求されたという人の中には、よくよく調べてみると相場であったというケースも少なくありません。

 

 

敷金から清算されて、退去時に原状復帰の費用など取られなかったと勘違いする若者もいるくらいですから。
 退去時の現状復帰ですが、普通に生活していて汚れた壁紙の交換などの費用は家主側の負担です。

 

 

例えば、冷蔵庫を置いていたところの壁の汚れや、西日が当たって生じた日焼けなどです。
借主側の負担になる代表的なものがタバコのヤ二汚れです。タバコを吸っている人は気が付かない事が多いのですが、ニコチンの臭いや汚れは、禁煙者にとって敏感です。

 

 

次に入居する人を探す際のマイナスポイントですから、室内での喫煙は避けるべきでしょう。
狭い部屋でも、壁紙を全面的に張り替えるとなると費用がかさみます。
敷金のないレオパレスでは、思わぬ請求になる事は避けられないでしょう。